このページはR18コンテンツです。18歳未満の方はトップページへお戻り下さい。

TBH-03

  1. 本編
  2. オマケ

作品コメントです。作者本人向けの制作記録等も含みますので、興味のある方のみどうぞー。クリックで表示開閉します。

2本短いの描いて楽しくなってきたので、どうせならハピエンまでやってみようと思い、設定と話の大筋が見えたので仕切り直し的な回です。社会人のくせにキャラの言動がまったく大人げなくて大丈夫か?と思う。明言していませんがIT系の技術職です。特に重要な点でもないので、わかるひとには通じる用語を出す程度の感じで描いてます。メタっぽくてすいません。その業界なのは、単に自分が描きやすいからです。それにしてもけっこう規模が大きそうな会社だ。
受けは本来の性格は機嫌が良くてホイホイ寄ってくる根がいいやつみたいな感じにしたかった。攻めはこの回のせいで非力で通販野郎ということになってしまった。ちなみにこの当時は、受けが攻めの荷物を持ってあげる、というのが萌え要素として自分の中でかなり流行っていました。
作画ではキーボードの絵がいちばん必死こいて描いた部分です。このときは背景フリーハンドに憧れていて定規を使わなかったからガッタガタです。その後フリーハンドは諦めました。
原稿用紙:アートカラー/主なペン:ゼブラG、ゼブラ丸、タチカワ丸/インク:墨汁玄宗、他いろいろ